困ったときに便利なカードローン

いざというとき役に立つカードローンの知識が満載

カードローンは金利より利息にこだわろう

カードローンを利用してわかったことがあります。

ほとんどの方は金利ばかり着目するのですが、もっと大切なことは利息だということです。

金利5%と15%なら、誰でも5%のローンを利用するでしょう。

でも、金利が低いから利息も低くなるとは必ずしも言えません。

どんなに金利が低くても、たくさん借りれば利息は増えます。

逆に金利が高くても、少額の借り入れなら利息は少なくなります。

実際にカードローンを利用して、安全に借りるためにはたくさん借りないことが重要だと気づいたのです。

当初はたくさん借りられるローンは優れていると感じていました。

限度額500万円というローンを見ると、なんと利用者に嬉しいローンかと思っていましたが、借りたものは返さないといけないのです。

たくさん借りることよりも、借りる金額を減らすことにこだわって利用したほうが、ずっと失敗は減るとわかりました。

現在、僕が利用しているカードローンの借入額は30万円です。

最終的に20万円まで減らして、枠を20万円で固定してもらうつもりです。

限度枠が30万円でも、借りなければ問題はないのですが、借りられる状態だと借りてしまうことも多いでしょう。

当初は10万円の枠まで減らすことも考えましたが、10万円を超える一時出費があったもので、20万円の枠を確保したいと考えています。

お金を借りるからには、利息の支払いはしたくないのが本音です。

利息を減らすためにも、不要な借り入れは避けたほうがいいと実感しています。