困ったときに便利なカードローン

いざというとき役に立つカードローンの知識が満載

専業主婦でも申し込める銀行系カードローン

消費者金融と銀行は、ともにカードローンという現金融資サービスをおこなっています。

この両者は、名前を同じくしていますが、特徴はそれぞれに違っているため、契約を申し込む際はその特徴を十分に理解しておくことが必要です。

さて、両者の相違点のひとつに挙げられるのが、専業主婦の利用の可否です。

貸金業法に基づいて現金融資を行っている消費者金融のサービスを、専業主婦が利用することはできません。

貸金業法では、安定した収入があることを、貸し付けの条件に定めているので、収入のない専業主婦は、消費者金融を利用できないのです。

この一方で、銀行系カードローンは、銀行法に基づいて運営されており、専業主婦の利用も、条件付きで可能となっています。

その条件とは、配偶者の安定した収入です。

つまり、この銀行の現金融資サービスは、申し込みをする専業主婦ではなく、その配偶者の社会的信用を担保にして、お金を貸し出すことを可能としているのです。

このことから、専業主婦が銀行系カードローンを申し込む場合は、配偶者である夫の同意が必要となります。

また、申込時には、配偶者が安定した収入を得ていることや、勤続年数などを証明する必要がありますし、審査の時に、配偶者の勤務先に在籍確認の電話が入る場合がほとんどです。

このほか、利用限度額が低く制限されるなど、専業主婦がこの現金融資サービスを利用するには、数々の条件が課されます。

とはいえ、一度契約すれば、銀行の現金融資サービスはとても便利ですので、専業主婦の方が申し込む価値は十分にあるでしょう。