困ったときに便利なカードローン

いざというとき役に立つカードローンの知識が満載

銀行のカードローンのメリットは低金利にある

銀行のカードローンというと、総量規制の適用外ということがよくあげられます。

ただ、最初の契約から年収の3分の1以上の借入を行える方は、よほどの高収入出ない限りは難しいでしょう。

もちろん、銀行にメリットがないと言っているわけではなく、もっと注目すべきメリットがあることが言いたいのです。

銀行でカードローンを利用する最大のメリットは、その低金利にあります。

通常、消費者金融会社では金利の平均値は5%~18%前後です。

これに対し、銀行では金利の平均値は3%~15前後となっています。

数字だけで見れば差は明らかでしょう。

これを実際の利息として計算してみると、その差が肌で分かるようになります。

返済期間が長くなると、トータルで支払う利息は増えるからです。

もちろん、借入限度額が大きくなれば金利は低くなります。

しかし、大きくなるほどさらに返済期間が長くなってしまって、トータルで支払う利息が増えるので、結局は金利が少ない銀行で借入を行うほうが多少有利になるのです。

また、同じ銀行、同じ限度額でも、利用者に適用される金利に差があることもあります。

これは借入限度額以外にも金利を左右する条件があるからです。

この条件で特に重視されるのが、これまでの取引実績でしょう。

銀行は多くのサービスを扱っているので、その銀行や系列での住宅ローン、給与振込、公共料金など自動引落、そしてカードローンの利用実績が深く関わってくるのです。

万が一に備えてのカードローンとその契約に関して

毎日の生活をしていく中で、急にお金を用意しなくてはならない状況に陥ることは、人生において一度はあるものです。

人によっては毎月の収入や生活費を考えてやりくりし、計画的な生活を送っているでしょうが、お金が足りないときというものは案外、困ったときに訪れるものです。

ですから、万が一に備えて、カードローンに申し込みをして審査を通過し、契約をしておくことはリスクマネージメントという意味でも重要なことでしょう。

もちろん、カードを作るだけでは費用は掛かりません。

リスク無しで将来への備えが出来るカードローンは大変魅力的です。

しかし、契約をしたくても人目を気にして店頭に赴くことを避けたい人もいるでしょう。

そんなときはインターネットや電話による申し込みが便利です。

本人確認書類や収入証明書などを郵送やファクスで送れば、自宅のみで契約まで完結します。

また最近はネットでの画面上で契約書類の手続きができるカードローンもあります。

家族にも知られたくない方であれば、現在は契約書や明細書などが自宅に届くときに、会社名を記載しないサービスをしている会社も増えています。

それでも気になるという方は、これらの書類をコンビニや自動契約機で受け取ることも可能なので、対応している会社を探すといいでしょう。

もちろん、申し込みに関しても、自動契約気で手続きを行えばその場でカードの発行も契約でもできるため、自宅に関係書類が送られてくることもないので安心です。

お勧めサイト

事業資金の融資・調達方法・・・今さら聞けない事業資金の融資の受け方、起業には欠かせない資金調達方法など。